« セレナイト。 | トップページ | てんてこ米。 »

2010.10.14

中くらいの秋と美術館。

庭をくるりと見わたしてみれば。。。



R0011941


大好きなミズヒキ。

これはまだつぼみで、これから花をぽぽっと咲かせます。

葉っぱも白や紫の斑が入っていてきれい。

生けると、そのたたずまいが

秋やねぇ〜。なんて。




R0011943


からすうり〜。



R0011945


柿。今年は生り年です!!やた〜!

私はすんごい熟した(もはやペースト状の)柿ときなこをミックスして食べるのが好きです。

「もう食べるの間に合いませーん。」的な時に思いついた、

苦肉の策とも言えるおすすめレシピ。

他にもカレーにいれたりサラダにしたりと。

今年は柿酢作りにもチャレンジっす。


あと、柿の葉の紅葉って1枚1枚見ててほんとにお見事なもので

感心してしまいます。

淡い紅葉ではなく、葉っぱそれぞれが主張のある紅葉をするので

見応がもりだくさん!





そして庭散策を楽しんだ後、久しぶりに美術館に足をはこんでみました。


 

R0011939_2


陰影礼讃


タイトル、コンセプトともに私好みだったので

とても楽しめました。

影という切り口で作品を見るにあたって

新たな側面や、深みが生まれ、

様々なジャンルが集まった展示だった事もあり、

いろんな作品と自分の距離感もおもしろかった。


“これも自分と認めざるをえない展”


タイトルに惹かれてふらっと行ってみた。

理工学的(とでもいうのだろうか?)な体験型の作品が多く

その作品のシステムに驚いてしまう。

その驚きの方が強くて、その場では

一つ一つの作品とあまり向き合えなかったのですが。

だけど、一つ一つ体験したその裏側には0、1、0、1、では

表せない作者の想いがあるのだな〜。と、

電車にゆられながらぼんやり考えはじめて。

関連本の“属性”が出ているみたいなので読んでみようかな〜。







|

« セレナイト。 | トップページ | てんてこ米。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中くらいの秋と美術館。:

« セレナイト。 | トップページ | てんてこ米。 »