カテゴリー「・・・Necklace.」の5件の投稿

・・・Necklace.

Kakusan_2

R0011244 R0011245   R0011243 



2_2   1


Fh000002_2  Fh000010_3  Fh000013_2  

Fh000008_2  


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Asia薫る〜ペンダント&ラリエット。

Pendant.



Fh000003_5


詳細とネック部分↓

 

Fh010009 ペンダントトップ:陶器
         (○好きな私が作りました。)

他パーツ:天然石
          (水晶・カーネリアン・
グリーンアベンチュリン

紐:麻100%


Fh010013

ペンダントトップ:ガネーシャ

他パーツ:天然石
(スモーキークウォーツ・ローズクウォーツ
        ・ジプナス・カーネリアン)

紐:麻100%


Fh010017

ペンダントトップ:猿
                      (?骨董市にて購入)

他パーツ:天然石
            (グリーンフローライト・紫の猫目石・ 
      
グリーンアベンチュリン

紐:麻100%


Fh000009


ガラスビーズ・トルコ石     




Lariet.



Fh000013

珊瑚・中国古ガラスビーズ・インドムガール帝国コイン


・縞瑪瑙・緑の猫目石



首にまいて使います。

使い方自由で、腰にまいてもステキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明るい祈り。 ー数珠ネックレス編ー

Fh000007



赤いガラス玉・ジプナス・インドムガール帝国コイン

ガネーシャ&スカンダコイン



赤いガラス玉は『珊瑚、珊瑚!!』ってインド人。

買った私も私だけど。

でもどうやらガラス玉みたいです。ビビットな赤がきれい。

ジプナスは淡い緑の猫目石。

2連にもできて、かけ方によっていろいろ遊べます。

もちろん数珠としても。

 


コイン拡大図↓

Fh010001_3 Fh010004_2



ガネーシャとスカンダは父がシヴァ、母がパールヴァーティーで兄弟。

ガネーシャ(歓喜天、聖天)は学問・財産・富の神様。
鼠が乗り物らしいです。笑

スカンダ(韋駄天)は戦闘の神様。








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

数珠。

ヨガをやり始めてから
瞑想するときの数珠を作り始めました。
写真はギャラリーあおらんぎで展示した時のものです。



Rimg0279_2

               栴檀の実。  


               実をはがしてブラシなどできれいに洗うと
               星形の種が洗われます。
               穴がもともと空いているので数珠にぴったり。






Rimg0278_2

 


                  ジプナス      

                  青い猫目石です。
                  インドのリシケシで買った物。





Rimg0277_2


 

                 蓮の実 ーLOTUSー  

 

              こちらもリシケシにて購入。

              実は1.5cmあるのでかなりのボリューム。

              2重にしてネックレスにするとかわいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

南インドの風。

                             |数珠|



1

            写真他『gallery+antique shop 蟻』さんより観覧できます。


                              写真左:アンティークシルバー,石
 

                               中央:ヴィッタルシンの数珠トップ,瑪瑙,青石

                                    右:アンティークシルバー,ムーンストーン

 

 

 

           |髪留め|

 3_2


               ムガール帝国の硬貨、天然石、
               インドの神様(ヴィッタルシン)の
               ペンダントトップ、糸、使用

                           

***『gallery+antique shop 蟻』さんではアクセサリーを置かせてもらっています。***





去年の年末から45日間、南インドはChennaiに行ってきました。

目的は私自身も習っている南インド古典音楽(Carnatic音楽)のMusic Season *1
味わうため。
感想を強いて一言で言うなら、“衝撃”って言葉が一番しっくりくるような。
『インド!インド人!!すごぉー!!!』

そして何が起こるかわからないインド.....
鼻血級の思わぬ展開をものすごく楽しみました。

色々なインド人と接してみて、上がったり〜下がったり〜と、まぁ色々あったけど
それぞれが持っているであろう『神様への信仰心』
これが私はとても嬉しくて、愛おしくて、安心感みたいなものも感じました。  
人々がいつも当たり前のように祈る姿、場面は美しかったのです。
祈りの形、祈りの想いは人それぞれだけれど、私も1日1回は自分の胸に手を当て
、目を閉じて、毎日を新しいはじまりとしてみようと思いました。
一概に“祈る”と言う言葉だけに置き換えられるものではないかもしれないけれど、
それは、人が忘れてはいけない何か大切なことだと思っています。


街はカオス、人々のエネルギッシュさ、最高に美味しい
Meals  *2へんちくりんな
雑貨とか、元気な木々。。。う〜む、来年はどんな表情をみせてくれるんだろう。

*1...南インドの古典音楽や舞踊が朝から晩まで約1ヶ月強、大小様々な40ヵ所ちかい会場でくりひろげられる。
     Link:チェンナイでもお世話になった写真家・井生明さんのHP
 
*
2...南インドを代表する定食。まいにち食べたい!!
    
Link:インドカレー作りには欠かせない渡辺玲さんのブログより   
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|